擬似命令

 SQLエディタでは擬似命令を書くことによって、SQLの実行時にA5:SQL Mk-2 に特別な指令を与えることができます。

 擬似命令はコメントの中に書きます。以下の2種類の書き方のようにコメントの1文字目が*となります。

/**
[擬似命令]
[擬似命令]
*/


--*[擬似命令]

擬似命令には以下の種類があります。

Captions 結果セットの各カラムにキャプションをつけます。
DataTitle 結果セットにタイトルをつけます。
SetParameter SQL実行時のパラメータを設定します。
ShowParameterWindow パラメータ設定画面を表示します。


Captions param1,param2,param3
 結果セットの各カラムにキャプションをつけます。先頭のカラムから、カンマで区切ったキャプションを記述します。Excel出力時には列名とキャプションが併記されます。

記述例
擬似命令記述例

Excelへの出力例
擬似命令Excelへの出力例



DataTitle param1
 結果セットにタイトルをつけます。Excel出力時にもタイトルとして利用されます。



SetParameter param1 param2 param3
 SQL実行時のパラメータを設定します。
 param1 パラメータ名
 param2 値(文字列型を指定する場合は''でくくります)
 param3 データ型 以下で指定します。
    
文字列型String
整数型Integer
実数型Float
論理値型Boolean
日付型Date
時刻型Time
日付/時刻型DateTime

SetParameter



ShowParameterWindow
 パラメータ設定画面を表示します。
ShowParameterWindow









[an error occurred while processing this directive]