presented by 松原正和
 





広告






twitter


掲示板

FeedWind
      

ER図で文字を小さくしてページを広く使う

 A5:SQL Mk-2 のERエディタでは描画領域は A4サイズを前提とした領域サイズとなっており変更できません。
 システムによってはエンティティが沢山になりすぎてしまいますが、フォントを小さくすることで、ページを増やすことなく沢山のエンティティを重ならないように配置することが出来ます。
 Version 2.2からはひとつのエンティティで表示するカラムの数を制限して、エンティティの表示の高さを抑えることができるようになる予定です。


フォントを小さくする手順

 ER図でエンティティやリレーションなどのオブジェクトがないところを右クリックします。
 ポップアップメニューの中から「ER図プロパティ(E...)」を選択します。
ポップアップメニューから「R図プロパティ(E)...」を選ぶ


 フォントのサイズはデフォルトで9ポイントになっていますがこれをもっと小さな数字にします(例では4ポイント)。
 サイズを設定したら、「OK」を押下します。
ダイアログでフォントサイズを指定する


 ER図で使われるフォントサイズが小さくなり、それに伴ってエンティティのサイズも小さくなります。
 これで描画領域を広く使うことが出来ます。
 拡大/縮小をして見やすい大きさでER図を編集します。
小さくなったエンティティ



home
 








[an error occurred while processing this directive]