A5:SQL Mk-2

開発のこと、日々のこと

ER図・同期処理でユニーク制約がユニークインデックスに変わる

ホーム フォーラム A5:SQL Mk-2掲示板 ER図・同期処理でユニーク制約がユニークインデックスに変わる

このトピックには2件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。8 ヶ月、 3 週間前 den さんが最後の更新を行いました。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #583 返信

    den

    松原さん
    はじめまして、いつもお世話になっております。

    DB(Oracle Database)からリバース生成したER図を、データベースとの同期処理を行うと、
    ER図上(オブジェクトのプロパティで「インデックスとユニーク制約」タブ)、
    ユニーク制約がユニークインデックスに変更されます。

    再度リバース生成すればユニーク制約として設定されるのですが、
    オブジェクトの配置が崩れるため、同期処理を行った後に
    エディターで以下の如く編集する作業を行っています。
    Index=UK_01=1,CODE
    Index=UK_01=2,CODE

    リバース生成時には正しく生成されているため、同期処理の際も同様に生成されるようにならないでしょうか?
    上記、よろしくお願いいたします。

    バージョン情報:a5m2_2.12.3_x64.zip

    #610 返信

    松原正和
    キーマスター

    denさんこんにちは。

    はい、ユニーク制約をサポートしたのは割と最近だったような気がするのですが、どうも同期処理でのユニーク制約サポートが抜けていたようです。

    version 2.13.0 beta 37で修正しましたのでご確認ください。

    #624 返信

    den

    お忙しい中、迅速にご対応いただきましてありがとうございました。
    version 2.13.0 beta 38で修正を確認しました。
    上記、よろしくお願いいたします。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
返信先: ER図・同期処理でユニーク制約がユニークインデックスに変わる
あなたの情報:




コメントは受け付けていません。