テーブルエディタ

テーブルエディタ

 A5:SQL Mk-2ではデータベースツリーからテーブルアイコン()をダブルクリックするか、メニューの[データベース(D)]-[テーブルを開く(O)]を選択するとテーブルエディタを開くことができます。

 データベースツリーの右クリックメニューから[条件を指定して開く(Z)...]を選択することで、あらかじめデータを絞り込んだ状態で表示することが出来ます。

 テーブルエディタではテーブルを編集したり、ビューを閲覧したりできます。データの表示・編集だけでなく、カラム定義・インデックス定義・外部キーの表示(自テーブルがFK側・自テーブルがPK側)・RDBMS固有の情報も表示出来ます。

各タブの説明
  • データ タブ
     データの表示や編集が出来ます。
     Excelへの出力や、HTML形式でのデータコピーなども出来ます。
     主キーやNOT NULL列は色つきで表示されます。
  • カラム タブ
     テーブルの列定義を見ることが出来ます。
     行をダブルクリックするとデータタブの該当カラムに移動します。
     主キーやNOT NULL列は色つきで表示されます。
  • インデックス タブ
     テーブルのインデックス定義を見ることが出来ます。
     主キー構成と同じインデックスは色つきで表示されます。
  • 外部キー
     テーブルの外部キー定義(自テーブルがFK側)を見ることが出来ます。
     ダブルクリックするとPK側テーブルを開くことが出来ます。
  • 外部キー(PK)
     テーブルの外部キー定義(自テーブルがFK側)を見ることが出来ます。
     ダブルクリックするとPK側テーブルを開くことが出来ます。
  • RDBMS固有の情報
     RDBMS固有のプロパティを表示します。
     接続するデータベース製品毎に異なる情報が表示されます。
     表示されないデータベース製品もあります。

  •  データの絞込み・ソート・インポート/エクスポート・Excelへの出力・Excelからの貼り付け(クリップボード経由)・テスト用ダミーデータの作成・SQLの生成(SELECT/INSERT/UPDATE/DELETEの雛形)などを行うこともできます。

    テーブルエディタ(ボタンを押すと各タブを表示します)


    テーブルエディタ(データ)

    「条件を指定して開く」のダイアログ
    条件を指定して開く

    基本的な操作

     テーブルエディタではテーブルの内容を直接編集することができます。

     Enter キーを押すことでセル選択モードと編集モードを変更できます。

     Ctrl+Bを押下すると、BLOB エディタが開いてBLOB 項目を編集することができます。


    関連項目

    テーブルのソート
    列の表示・非表示
    論理名でフィールドを表示
    コメントの編集
    インポートとエクスポート
    Excel でデータ表示
    テスト用ダミーデータの作成
    クエリー作成
    テーブル定義の出力(Excel, CSV)
    テーブルのフィルタリング(絞り込み)









    [an error occurred while processing this directive]