SQLエディタ

SQLエディタ

 AM5:SQL Mk-2では、スピードボタンをクリックするか、メニューの[ファイル(F)]-[新規]-[新規SQL(N)]を選択すると新しいSQLエディタを開くことができます。

 スピードボタンをクリックするか、メニュー[ファイル(F)]-[新規]-[SQLを開く(O)]を選択すると、SQLエディタでファイルを開くことができます。

 SQLエディタではSQL文を入力して、実行することができます。

 また、SQLエディタは強力な2種類の入力支援機能を備えます。

1.SQL入力支援機能
 この機能はキーワードはもとより、テーブル名テーブル名エリアステーブルカラム名SQLパラメータの補完が行えます。
 この補完機能は、サブクエリの内部まで解析する強力なものです。Ctrl+Spaceを押下することで利用できます。

SQLエディタ


2.Insert入力支援機能
 この機能は INSERT 文のVALUES節で動作します。VALUES節のカッコの中でShift+Ctrl+Spaceを押下するとVALUES節のパラメータでいくつ目に何のパラメータを記述すればよいかヒントウィンドウで示されます。
SQLエディタ

関連項目

SQLの実行
SQLの実行計画
SQLの整形
SQLの比較実行
パラメータ設定
結果セットのフィルタリング
結果セットのエクスポート
Microsoft Excel でデータ表示
疑似命令
SQL履歴
コード構造ツリー
同期編集モード









[an error occurred while processing this directive]