クリップボード出力

 この画面ではSQLの結果セットやテーブルデータのクリップボードへの出力設定を行います。

  • カラムタイトル
     カラムごとのタイトルに何を出力するか指定できます。

  • フレームを付ける
     Excelで出力した範囲をフレームで囲むか指定します。

  • NULL の時 '(NULL)'を出力する
     NULL値の項目を出力するとき、空白セルにするか、「(NULL)」を出力するか指定します。

  • 日付時刻で、時刻が0:00:00の時も出力する
     チェックがオンの場合、日付時刻型で時刻が、0:00:00のとき、時刻を出力します。
     チェックがオフの場合、日付時刻型で時刻が、0:00:00のとき、時刻を出力しません。

  • 複数結果セットをExcelへ出力する時シート毎に分けて結果セットを出力する
     複数結果セットを一括でExcelに出力する時デフォルトでは1シートに縦に並べてすべての結果セットを出力します。
     チェックした場合、結果セット毎にシートを分けて出力します。

  • すべて文字列型としてコピーする
     チェックした場合、すべてのデータ型を文字列型としてコピーします。

  • BLOBのコピー
     BLOB項目をコピーするとき、どのように<ふるまうかを指定します。  「しない(NULL扱い)」のときは常にNULL値としてコピーされます。BLOBの値が重要でなかったり、オンメモリではデータが大きすぎて扱いにくい場合などに利用します。
     「16進表記」のときは "FFD8FFE11C4545786966…" のような表記でコピーします。
     「Base64表記」のときは "Base64:/9j/4RxFRXhpZ…" のような表記でコピーします。
     「文字列として扱う」のときはBLOB項目を文字列として扱います。エンコーディングはグリッドごとに右クリックメニューから指定できます。

    オプション画面

    関連項目

    全般設定
    データベース接続
    テーブル
    SQL
    SQLエディタ
    SQL入力支援
    SQL整形
    Excelへの出力
    ER図
    Oracle
    MySQL
    SSH接続









    [an error occurred while processing this directive]