SQL整形設定

 この画面ではSQL整形の設定を行います。

  • キーワードの大文字/小文字変換
     SQLのキーワードを大文字あるいは小文字に変換するか指定します。
     SQLエディタのSQL入力支援(Ctrl+Space)でもこの設定が利用されます。
     (キーワードが大文字/小文字でリストアップされます)

  • 識別子の大文字/小文字変換
     キーワードでない識別子を大文字あるいは小文字に変換するか指定します。
     シングルクォートやダブルクォートで括られた文字列中では無視されます。
     SQLエディタのSQL入力支援(Ctrl+Space)でもこの設定が利用されます。
     (テーブル名やカラム名が大文字/小文字でリストアップされます)

  • カンマや and or の位置(複数行整形時)
     改行を挿入する際に、カンマや and or を行の前に持ってくるか、行の後に持ってくるか指定します。

  • from, where, having, group by, order by などのインデント
     selectの後の行で、from をselectと同じ桁位置におくか、1段下げるか指定できます。
     insert, update, delete でも後に続く行のインデント位置指定となります。

  • SELECT句内のカラム名や式および、エリアス(AS 以降)の位置を揃える
     SELECT文でSELECT句内のカラム名や式、エリアス(as XXX)の位置を揃えます。

  • インデントにタブ文字を利用する
     インデントに空白を使うか、タブ文字を使うかを指定します。
     チェックがオフのとき、空白文字を使います。チェックがオンのとき、タブ文字を使います。

  • インデント桁数
     インデントに空白を使う場合、空白をいくつ挿入するか指定します。

  • 1行コメントを独立した行に整形する
     チェックがオンの場合、行コメントの直前で改行が行われ、行コメントだけで独立した行になります。
     チェックがオフの場合、行コメントは直前の内容の後ろに付加される形で整形されます。

  • 1行コメントの位置
     -- で始まる1行コメントを指定桁以降に統一します。
     指定桁位置にSQLがあった場合、1行コメントはその分後ろに移動します。

  • ブロックコメントの後に空白をつけない
     チェックすると/**/でくくられるブロックコメントの後に空白を付加しません。
     これは、S2JDBCで/*XXX*/形式でバインド変数を利用する場合に利用します。

  • 標準SQLでない識別子
      全角や記号交じりの識別子があった場合に、"" で括ったり、SQLServerでは []、MySQLでは``で括ったりする事ができます。

    オプション画面

    関連項目

    全般設定
    データベース接続
    テーブル
    SQL
    SQLエディタ
    SQL入力支援
    Excelへの出力
    クリップボード出力
    ER図
    Oracle
    MySQL
    SSH接続









    [an error occurred while processing this directive]