A5:SQL Mk-2

開発のこと、日々のこと

結果セットのフィルタ制限について

ホーム フォーラム A5:SQL Mk-2掲示板 結果セットのフィルタ制限について

このトピックには2件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。3 ヶ月前 suma さんが最後の更新を行いました。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #1332 返信

    suma

    お世話になります。

    先月より、とても便利に利用させていただいています。
    主題の件、例えば80万件のレコードのテーブルに対し、結果セット最大件数(100件)で絞って表示させた後、フィルタで条件を付けた場合、結果セットに対するフィルタになります。

    これを、フィルタに対する結果が設定最大件数(100件)にする事は出来ないでしょうか?
    あるいは、Oracle Developerの様に、表示は絞って、ページ推移にて、表示ページ毎に読み込む様に出来ないでしょうか?
    ※)現在、SQLを再実行した後、フィルタをした場合、100=>115件になったりします。
    =>期待通りになる場合もありますが・・・・

    ■確認環境
    Oracle(11g)&Postgresql(9.5)

    以上、ご検討の程、宜しくお願い致します。

    #1423 返信

    松原正和
    キーマスター

    sumaさんこんにちは。

    フィルタ機能なのですが、開発環境であるDelphiの制限上このような動作になってしまいます。時間やネットワーク負荷の問題からA5:SQL Mk-2はクエリー発行時の結果セットは件数制限しています。フィルター機能は制限された結果セットからフィルタリングを行います。

    テーブルエディタに関しては、開くときに右クリックメニューから[条件を指定して開く…]または開いた後に、メニューから[テーブル(T)] – [条件とソート順(G)…]でWHERE句を指定してクエリーしなおすのでご期待の動作に近いかもしれません。

    以上よろしくお願いいたします。

    #1443 返信

    suma

    松原 様
    お世話になります。また親切に回答ありがとうございます。
    元Delphi開発者(今では少し)として、とても嬉しく思います。
    私も、3~2007の時にTurbo C++と合わせて開発していました(現在は、C#が殆ど)。
    Delphiは、凄くパフォーマンスの良い言語で・・・
    現在では、とても個人で手の届く言語で無くなってしまったのは残念です。
    私も松原様と同じように、人にDelphiを勧められなくなった一人です(笑)。

    そんな中、これ程完成度の高いアプリケーションをDelphiで作っている事に驚きです。
    陰ながら応援させて頂くとともに、今後とも宜しくお願い致します。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
返信先: 結果セットのフィルタ制限について
あなたの情報:




コメントは受け付けていません。