A5:SQL Mk-2

開発のこと、日々のこと

OracleのSESSIONTIMEZONEが+8になる

ホーム フォーラム A5:SQL Mk-2掲示板 OracleのSESSIONTIMEZONEが+8になる

このトピックには2件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。3 週間前 ぬーぼー さんが最後の更新を行いました。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #3014 返信

    ぬーぼー

    2.14.0 beta10でOracleの直接接続を使用すると
    SESSIONTIMEZONEが+8:00になってしまうようです。
     select SESSIONTIMEZONE from dual;

    このため、セッションのタイムゾーンを使用するCURRENT_TIMESTAMPが日本時間-1になってしまいます。
      select CURRENT_TIMESTAMP from dual;

    ちなみに2.14.0 beta1やbeta10でもOCI接続では発生しません。(+9:00になる)
    ダウンロード直後の無設定状態でも発生しましたので、
    設定変更などが原因ではないと思います。

    ご確認お願いいたします。

    #3033 返信

    松原正和
    キーマスター

    ぬーぼーさんこんにちは。
     
    確認したところ、DB接続ライブラリ内でサマータイムを扱うロジックが正しくなく、サマータイムのない地域で実行した際に正しくないタイムゾーン(サマータイム 1h を逆方向に適用)していたようでした。
     
    本日公開予定の、 Version 2.14.0 beta 11で修正予定します。

    #3045 返信

    ぬーぼー

    対応ありがとうございました。
    beta11で問題なくなっていることを確認しました。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
返信先: OracleのSESSIONTIMEZONEが+8になる
あなたの情報:




コメントは受け付けていません。