A5:SQL Mk-2

開発のこと、日々のこと

SQLエディタについて

ホーム フォーラム A5:SQL Mk-2掲示板 SQLエディタについて

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #6535 返信
    tak
    ゲスト

    こんにちは。
    SQLエディタで気が付いたことがありますのでご報告です。
    (2.15.0 rc2 で確認しました)
    ●以下の条件を満たす場合、実行結果グリッドのヘッダが不正になる
    ・カラムに関数を使用
    ・関数の結果にエイリアスを使用しない
    ・コメントあり
    例:
    SELECT
      LENGTH(COL1)
      – COL2,
      – COL3
    FROM
      TABLE
     →結果のヘッダが「LENGTH(COL1) — COL2, — COL3」になる
    「LENGTH(COL1) AS LEN」のようにエイリアスを設定すると問題ないようです。
    ●同期編集モードにならない
     1.任意の範囲を選択
     2.同期編集アイコンが表示されるが、アイコンをクリックできない
    ●文字列の移動ができない
     1.任意の範囲を選択
     2.選択範囲をドラッグで移動できない
    お手数ですが、ご確認お願い致します。

    #6539 返信
    松原正和
    キーマスター

    takさんこんにちは。
     
    実行結果グリッドのヘッダが不正については、SQLiteの場合、SQLiteライブラリの内部でこのような動作になるようです。A5:SQL Mk-2としては対処しないことにしたいと思います。
     
    同期編集モードにならない件については確認しました。調査したいと思いますので少々お待ちください。

    文字列の移動についてですが、A5:SQL Mk-2で使用しているエディタコンポーネントは文字列のドラッグ機能に対応していないと思うのですが、以前のバージョンでは使えましたでしょうか?。

    #6548 返信
    tak
    ゲスト

    こんにちは。

    文字列のドラッグ機能に対応していないのは元からだったようですね。
    失礼しました。
    カラムの順序を入れ替えたい時など使えたほうが便利なのですが、コンポーネントがそもそも対応していないとなると実現は難しそうですね。

    ヘッダ不正の件ですが、本日職場でも確認してみたのですが、2.15.0 rc3 + Oracle 12cの組み合わせでも発生しました。
    ご確認いただけますでしょうか。

    #6559 返信
    松原正和
    キーマスター

    takさんこんにちは。
     
    Version 2.15.0 release candidate 4でヘッダに行コメントが付いてしまうのを修正してみました。
     
    同期編集モードですが、同期編集できる同一の複数文言が選択行中にないと同期編集モードにならないようでした。この制限のために同期編集モードにならないという可能性はないでしょうか?。

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
返信先: SQLエディタについて
あなたの情報:




コメントは受け付けていません。