A5:SQL Mk-2

開発のこと、日々のこと

x86からx64へのワークスペースの移行について

ホーム フォーラム A5:SQL Mk-2掲示板 x86からx64へのワークスペースの移行について

  • このトピックには1件の返信、1人の参加者があり、最後に松原正和により5ヶ月前に更新されました。
2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #20855 返信
    馬渡
    ゲスト

    x86版からx64版へ移行したいのですが、
    (Old Ver)x86 ⇒ (New Ver)x86のバージョンアップならレジストリでデータを保存していてもなにもせずとも問題無く新Verへ移行できますが、
    x86 ⇒ x64への移行の場合は、x86同士のようなバージョンアップのように以前のワークスペースを含むデータを引き継ぐことは、簡単にはできなさそうです。

    1.移行する方法はありますか?
    2.x86のレジストリデータをリネームもしくは新規に同じ構造で親のキーだけ変えた新しい親キーの元、子キーのデータ等を全て作る(移行する)ことで引き継ぐことは可能でしょうか。

    よろしくお願いします。

    #20868 返信
    松原正和
    キーマスター

    馬渡さんこんにちは。
     
    本来、A5:SQL Mk-2 は OLE DB プロバイダやODBCドライバを使用して接続するツールですが、これの定義に互換性がありません。このためx86版とx64版で別々に設定を持たせていますが、OLE DB プロバイダやODBCドライバを使わなければ、特に互換性に問題はないはずです。

    レジストリエディタで \HKEY_CURRENT_USER\Software\mmatsubara\A5M2(x86) 配下をエクスポートし、テキストエディタで、\HKEY_CURRENT_USER\Software\mmatsubara\A5M2(x86) を全て \HKEY_CURRENT_USER\Software\mmatsubara\A5M2(x64) に置換してそれをインポートすれば移行できるはずかと思います。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
返信先: x86からx64へのワークスペースの移行について
あなたの情報:




コメントは受け付けていません。